人生

小学生でもできる

投稿日:

たいていの事は、時間さえかければ小学生でもできます。
問題はそれをどれだけ短時間で行うことができるかです。

大学入試も同じ、高校入試も同じ、中学入試も同じです。

無限に時間があれば、どの教科も深い理解と問題演習が可能。
合格レベルまで持っていけるでしょう。
しかし受験本番の日はやってきます。

志望校合格は、納期を守れる人間かどうかの試金石なのです。

と、東京で働く怖い人が言っていました。

-人生


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

朽木不可雕也

「きゅうぼくはえ(ゑ)るべからざるなり(きゅうぼくはほるべからざるなり)」と読みます。孔子の言葉です。朽ちた木を彫り造形を施すことはできないという意味です。要旨はあえて書かずにおきたいと思います。 講 …

no image

ゼミ生の怒り。

とあるゼミ生が、 『先生!!愚痴なんですけど、聞いてくれます??』 と、珍しく随分とお怒りな様子でしたので、 『いいよ~どうしたの?』 と、ゼミ生の愚痴を聞いていました。 このゼミ生が理科か社会の暗記 …

no image

言葉。

中学生の皆さん、映えるの読みを『ばえる』と書くと、間違いですよ。 なぜなら、今は『はえる』と読むからです。 昔々は、映(ば)えると読んでいた時代があったとか。 言葉は、私達の生活に密着しており、その時 …

親から子へ。

高校生になった子どもに、 『速単持ってないの??買ったら??』 と言ったら、パートナーが言いました。 『俺のが会社にあるから、それあげるよ』 おれの?? 持って帰ってきた速単を見たら、第2版。 数年前 …

一新高等部

共通テスト前のゼミ生へ向けて、講師からのメッセージが流れてきました。 ゼミ生達が勉強する姿を見たり、質疑対応したりしたから言える言葉です。 共通テスト(センター試験)を経験した先輩だからこそ、彼らの気 …

サイト内検索

カテゴリー

アーカイブ