勉強

【朗報】Clostridium perfringensとの闘いに勝利した

投稿日:

どうも御無沙汰しております。
(‘ω’)ア●ヒィ↓スゥパァ↑ドゥルァァァァイ↓です。

なぜこんなに投稿が疎かになっていたかというと、記事タイトルにもある通り、
ウェルシュ菌による腸炎と闘っておりましたw
どうも先週新高岡で食べたちょっと良いお肉が原因のようです・・・(´;ω;`)

しかし、転んでもタダでは起きたくない貧乏性から、
ウェルシュ菌について少しだけ調べてみました。

実はこの習慣は、普段の勉強においても非常に重要です。
この習慣には名前が付けられていて、
「インテロゲーション」とか「過剰学習」とかいうやつです。

インテロゲーションは私も初めて聞いた時には10回ほど聞き直しましたが、
日本語に翻訳すると「精緻化型質問学習法」とでもなるんでしょうか・・・?
つまり、「何か学習したor調べたときに触れた情報が本当に正しいのかどうか徹底的に調べる」ということです。

「過剰学習」の方は読んで字のごとく、
「もう限界!ってなったところからさらに学習・訓練をもう少し継続する」学習法です。

ちょっと分かりづらいと思いますので、今回私が軽度の腸炎で倒れた時の例でいうと

ウェルシュ菌に感染して腸炎になった!
 ↓
病院に行って処方薬飲んで直った!
 ↓
めでたしめでたし

で終わるのではなく、

ウェルシュ菌に感染して腸炎になった!
 ☟
本当にウェルシュ菌による腸炎なの?
 ☟
ウェルシュ菌ってどんな菌? どんな症状?
 ☟
とりあえず国内の自治体が出している衛生関係の資料で確認
 ☟
ウェルシュ菌って何かに応用できないの?
 ☟
ウェルシュ菌の研究あった! しかも日本!
 ☟
・細胞間の密着結合ストランドの破壊メカニズムの解明に役立つ!
・細胞を使わない膜タンパク質の合成技術開発に役立つ!
 ☟
ついでにブログのネタにもできる!
 ☟
とっちばれ!

みたいな感じですね。
インテロゲーションメリーランド大学の研究によって
学習内容の定着率が上がった、という結果が出ています。

過剰学習ブラウン大学の研究で同様の結果が出ていますね。

まぁ、全員に適用されるわけではないですし、
正しい方法で運用しないとうまく成果が上がらないことも十分にありえますので、
あしからず。

詳しくは下記参照文献をご一読ください。
「精緻化型質問学習法によって化学の課題解決を改善した研究例」
「過剰学習によって、急速に抑制優位の神経化学的処理がなされてスキルがワッシワッシと身についたわw」

(特に公立)学校では、こういったレベルまでカバーするのは難しいと思いますので
ぜひ、学校以外の場所でこれらのテクニックをうまく使って効果的に学習していきましょう。

-勉強


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

19日の小野田教室の授業。

f先生の『宇宙ステーションチャンス』の投稿を見まして。 週末は、台風で見られない。。。 見るなら今日だ!! ちょうど授業に中3が来てるし!! ということで、英語の授業を中断して、みんなで駐車場に行って …

目標を達成したい人たち

先週末から若干ドーラロスな感じですが、 いよいよ2019年度中盤戦が始まってしまいました。 家でゴロゴロしながら、闇のおにいさんの 「天使と悪魔のクリームチーズ煮」とか食べたい気分を 押し殺して粛々と …

英語の追試対策。

小野田の生徒が編み出した英語の追試対策。 それは、『2人で音読すること』だそうです。 この2人、英語の追試は毎週金曜日に受けに来ます。 追試前まで、2人でずっと音読しています。 相手の音読を聞いて間違 …

2019年下半期読んでおきたい本【 5位 ~ 1位 】

さてお待たせしました。 (誰も待ってないかも・・・_(:3 」∠ )_) 後半「2019年下半期読んでおきたい本 ベスト5」をご紹介していきます。 第5位 The Book of Why: The N …

『やわらか頭と執着心』

数日前、夜にテレビをつけていたら、吉野彰氏が仰っていました。 昨日の英語の時間に、脱線して、ノーベル賞ができた経緯を話していました。(情報源はWikiですが) 名前を聞いて、すぐにある生徒がスマホで吉 …

最近の投稿

サイト内検索

カテゴリー

アーカイブ

basic_01