人生

スマホが冷めないうちに

投稿日:2019年9月8日 更新日:

すっかり気温の変動にやられてしまい、更新が遅くなりました。
今日のタイトルは、某喫茶店で某座席に座るとタイムスリップする的な話のアレです。

過去の記事へのアクセス割合を見てみると、
「デジタル断食」に対するアクセスが多いようなので、
今日はその辺の話を掘り下げてみたいと思います。

そもそも「デジタル断食」という考え方の歴史を見ていきましょう。

平成初期の辺りから、科学技術などの進歩と共に幸福度が上がるはずなのに、

「えっ?ウチの国の若者の幸福度低すぎ・・・?」

という社会現象が、認識され始めます。

そして、そのころにスタートした研究結果が
ようやくまとまってきたのが2010年前後なわけです。
(今から7~8年ぐらい前)

そして、いよいよ2011年10月
某林檎マークの会社からiPhone4が発売され、
日本でも爆発的に販売台数を伸ばし、スマホ黄金時代が到来します。

ここで一気に「スマホ害悪論」「ゲーム脳」等の文化が華開くわけですなw

まとまった研究の結果というのをザックリまとめると、

① 週20時間以上スマホを使用している若者の不幸度は、そうじゃない若者の1.5倍ぐらい!
② 幸福度の下がり具合は家庭の貧困や失業よりも大きい!
③ デジタル機器を触りながら食事すると、間食の量が倍近くまで増える。
④ ネット上の情報に触れると常にプレッシャー ⇒ 時間が早く過ぎたような錯覚 ⇒ 鬱になりやすい
⑤ SNSの使用時間が多い人は他者への攻撃性がUP↑

みたいな感じです。
この他にも、様々な大学のデジタル認知学・心理学・社会学研究室の研究でデメリットが確認されつつあります。

詳しくは、例えば、
フロリダ州立大学の認知・感情研究室
サンディエゴ州立大学のジャン・トゥエンギ教授
等をご参照ください。

まぁ、幸せな人生を歩みたいのであれば、
デジタル機器と触れ合う時間は「1日2時間ぐらい」までにしておいた方が賢明なようです。

-人生


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デジタル断食のススメ

う~ん、他の教室長があんまり投稿してくれませんねえ・・・(╭☞•́⍛•̀)╭☞ 広告費削減の為にも是非ともブログの更新とかは習慣化していただきたいものですw さて、今日は『デジタル断食』のススメです。 …

朽木不可雕也

「きゅうぼくはえ(ゑ)るべからざるなり(きゅうぼくはほるべからざるなり)」と読みます。孔子の言葉です。朽ちた木を彫り造形を施すことはできないという意味です。要旨はあえて書かずにおきたいと思います。 講 …

はじめての「ストレス解消」

今朝は未明よりファクサイさんの影響で 東海~首都圏~津田沼駅あたりがエライことになっており、 現在も 「世界最強のパスポートを持つ日本人が、●●から飛び立たない理由がない。」 というキャッチフレーズに …

親から子へ。

高校生になった子どもに、 『速単持ってないの??買ったら??』 と言ったら、パートナーが言いました。 『俺のが会社にあるから、それあげるよ』 おれの?? 持って帰ってきた速単を見たら、第2版。 数年前 …

これは僅かだが心ばかりのお礼だ。読んでおきたまえ。

そろそろ「インターネット特定単語書き込み禁止法」によって 禁止されている単語がtwitter上に大量に書き込まれるお時間となりました。 ところで皆さんは自分の人生や人間関係を破壊するコツをご存知でしょ …

サイト内検索

アーカイブ

カテゴリー